確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-56-2982 大阪/0120-25-2982

最新情報NEWS

壊れたPCからでも個人情報は流出します。

故障して使用できなくなったからと言って安心して故障PCをそのまま廃棄してはいませんか?PC本体が故障していても、ストレージ(HDD・SSD)の中の情報は取り出すことが可能です。

壊れたPCを廃棄しようと考えている男性のイメージ画像

「PCから情報が漏洩」等のニュースを目にすることがあっても、実際に自分や身の周りの誰かに情報漏洩の実害がないと、「対岸の火事」として見ることが殆どかと思います。

当社では、「デジタルフォレンジックサービス」を業務の一環として行っていることもあり、PCを介したインシデント事例を見聞きすることが多く、SNS等を通じてなるべく多くの企業様やユーザー様に注意喚起のための情報をお伝えするようにしています。

自分があずかり知らないところで、廃棄・譲渡パソコンからの情報漏洩による実害を被ることがないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか。また、個人情報にはどのような要素が含まれるのでしょうか。

ざっと挙げてみると「個人情報」には主に以下のようなものがあります。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日・年齢
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住所
  • 職業や勤続先
  • 預貯金がある金融機関の情報・暗証番号
  • 所有しているクレジットカードのカード情報・暗証番号
  • 各種電子マネーのアカウント情報
電子マネーのイメージ画像

PCが壊れてしまった。けれどもPC内のデータ流出が心配で廃棄することも出来ず困っている。そんな方は、遠慮なくお電話にてご相談下さい。当社のエンジニアがデータ消去の流れについてご説明致します。また、当社のデータ消去専用お問い合わせフォームからでもご相談をお受けできます。お気軽にご相談下さい。

東京本社
大阪営業所

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP