確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-56-2982 大阪/0120-25-2982

最新情報NEWS

HDDの物理破壊の1例をお見せします。

パソコンを廃棄するときに、中に入っているデータを削除し、フォーマットするまでは皆さん行うと思います。けれども、パソコンの中には、削除したはずのデータは残っています。 専門のPC廃棄業者に依頼したところ消去したHDDを廃棄業者社員が転売したという事件があり、「業者は信用できない。自分で消すしかない。」と、ドリルを持ち出す方もいるかもしれません。しかし、HDDはとても固い金属で覆われていて家庭用のドリルでは、おそらく歯がたたないでしょう。

トルクスネジを開けて直接プラッタを破壊することも考えられますが、その際は、破片の飛び散りに注意が必要です。科学物質が飛び散り失明するリスクがあることなどを考えたら、とてもおすすめすることはできません。

当社では、プラッタの4か所に確実に孔をあけ、二度とデータを取り出せないように確実にプラッタを破壊します。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP