確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-56-2982 大阪/0120-25-2982

最新情報NEWS

データ復旧業者だからこそ、物理消去をおすすめします。

HDDやSSDなどのPCのメディアには寿命があり、廃棄しなければならないタイミングが必ず来ます。その際に個人情報を含む沢山のデータを削除しただけで大丈夫でしょうか。答えは、NO!です。もしそれが仕事に関するデータを含むものでしたら、たった1件の情報漏洩でも多額の損害賠償や信用の失墜を招きかねません。

セキュリティ対策の基本として、記録メディアを廃棄する場合は、「必ずデータを消去し、2度とデータが復旧できない状態にする」ことが重要になってきます。

「信頼できるパソコン廃棄業者に依頼してあるから大丈夫。」と高をくくっていたことで、大量にデータが流出してしまう事件が後を絶ちません。廃棄業者に依頼したHDDが中古販売業者で売られていて、その購入したHDDにはしっかりデータが残っていたというケースが相次いで報告されています。

重要なデータを消えないようにしっかり保存しておくことが記録メディアの役割ですので、保存されたデータは簡単には無くなりません。記録メディア内のデータを消去しようと思ったら、データを消しフォーマットするまでは行うと思いますが、そのあと慎重な方はデータ消去ソフトなどを使ったのちに安心して廃棄するなり、中古販売するなりというのが一般的なながれだと思います。

但し、一部の消去ソフト使用後の記憶媒体からもデータを取り出せてしまうケースが間違いなくあります。当社はデータ復旧業者だからこそ、データ消去は物理消去をおすすめします。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP