確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-56-2982 大阪/0120-25-2982

最新情報NEWS

パソコンのデータを消去する際の注意点

パソコンを処分する際には、リサイクル法に沿って処分する必要がありますが、その際にも理解しておかないといけないことはメーカーはデータ消去はしてくれないということです。メーカーに送付する前にデータ消去する必要があるのですが、データ消去の必要性に関する情報が巷間に行き渡っていないせいか『メーカーに送付する以上メーカーが責任を持っていいように処分してくれるだろう。』という根拠のないムードがあるようです。

ここでは、それ以外に、パソコンのデータを消去する際にどんな点に注意する必要があるか、お話させていただきます。

データ消去を行う前に必要なデータのバックアップをとっておく。

どんな方法でデータ消去を行うにしても、完全に消去されたデータは、どんな方法を用いても取り戻すことはできません。特に個人的に撮りためた写真画像や動画ファイルなどは、消去後に後悔することが多いデータです。まだ動いているパソコンであれば、外付けのSSDやHDDなどにバックアップを取りましょう。パソコンが壊れてしまっていても、業者に依頼すればバックアップファイルを作ってもらうことは可能です。


消去方法によっては、完全に消去できていない場合もあります。

知人に譲ったり、中古販売を行う際に、ご自身でデータ消去ソフトを購入し、論理式の消去方法でデータ消去を行う方も多いと思います。市販のデータ消去ソフトであっても優れたものを選べば、パソコンの中古販売や譲渡後のトラブルが発生するリスクは低いのですが、論理消去ソフト使用後でも、機密情報などが復元されてしまうケースが稀にあります。データ消去業者に依頼する場合でも消去方法の確認が必要です。


信頼のおけるデータ消去業者を選びましょう。

実際に起こったインシデント事例などによると、論理消去で消去を行った後に廃棄するルールがあるにも関わらず、お客様からお預かりしたストレージを内密に中古販売していたニュースが世間を賑わせた事件もありました。管理の杜撰さが生んだ事例だと思います。データ消去業者を選ぶ際は、知人に紹介してもらうか、webサイトをよく見て、どんな消去方法でパソコン内のデータを消去してくれるのかを確認し、なるべくなら「データ消去証明書」を発行してくれる業者を選びましょう。信頼のおける業者かどうかがデータ消去業者を選ぶ際の一番重要なポイントです。


コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP