確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-56-2982 大阪/0120-25-2982

最新情報NEWS

PC内の「データ消去方式」それぞれのメリット・デメリット

PC内部にあるデータを消去する方法は幾つかありますが、現時点では、「磁気消去方式」、「上書き消去方式」、「物理破壊方式」、ほぼこの3つの方法でPC内ストレージや外付けストレージ内のデータを消去しています。それぞれの消去方法には、メリット・デメリットがあり、それを理解した上でデータ消去会社を選ぶことをお勧めします。

PC内のデータ消去を考えている女性のイメージ画像

「磁気消去方式」のメリットとデメリット

「磁気消去方式」のメリットとしては、ストレージ内のデータを一瞬で消去することが可能で、専用の磁気消去装置を使い強力な磁気を照射するだけで、さほど時間もかからず簡単にデータ消去することができます。

但し、メリットだけではありません。磁気照射によりデータを消去したストレージは、再利用ができなくなります。強力な磁気を浴びることで、ストレージ内のデータのみならず他の部位にも損傷が及び、廃棄する以外に方法はありません。故に、確実にデータが消去されているかどうかの確認をすることができません。

以前のストレージに比べて最近の製品は磁気に対してより厳重に遮蔽された構造のものが増えているために、古い磁気照射装置では、データ消去の確実性は担保されない場合があります。

「上書き消去方式」のメリットとデメリット

「上書き消去方式」を用いてデータ消去した場合、そのストレージは再利用が可能です。市販のソフトウェアなどを使えば、自分でデータ消去することができますので、セキュリティの面でも安心できます。

SDGsの観点からもメリットの大きな消去方式ではありますが、既に壊れてしまったHDDやSSDにはこの消去方式は使えません。

「物理破壊方式」のメリットとデメリット

物理破壊方式は、データを記録する円盤状の記憶領域に幾つか穴を開けるなどの物理的なダメージを与えることでデータを消去するやり方です。既に壊れてしまっているデバイス内のストレージにも対応可能です。

3つのデータ消去方法の中では、最も確実にデータが消去される方法ではありますが、専用の機器を用いるなどしないと、プラッタの位置を特定しなければ意味がないということや、特にHDDなどは外側が非常に硬質な素材で覆われているため、専門業者に依頼しないと破壊することが困難です。また、当たり前のことですが、ストレージの再利用はできません。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP