確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-222-222大阪/0120-222-222

最新情報NEWS

データ消去の業者を選ぶ際の注意点

パソコン廃棄に伴うリスク

パソコンを買い替えるとき、廃棄するときは、パソコン内のデータを消去する必要があります。データが残ったまま廃棄すると思わぬリスクがあるからです。 パソコンに保存されているデータにはさまざまな情報が含まれています。 ご自身の情報も含めたご家族や友人知人の名前や年齢、住所に職業、クレジットカード番号、メールアドレス、送受信したメールの内容。テレワークなどでパソコンを業務で使用していた場合は、顧客情報や取引先情報、企業の機密情報や研究内容など情報流出のリスクに晒されるPC内の情報は枚挙にいとまがありません。 万が一それらの重要な情報が流出すれば悪用されるリスクが高いため、できれば完全にデータを消去してからの廃棄をこころがけたいものです。

一般的なパソコンの処分

パソコンを廃棄したり中古販売する際には、まず パソコン内部のデータやファイルで必要なものを外付けのHDDやSSDなどに移動させてから、以下のような作業が行うのが一般的なパソコンの処分方法のようです。

▪データやファイルをゴミ箱に捨て、更にゴミ箱を空にする。

▪「完全に削除」のコマンドでデータを消去する。

▪パソコンのフォーマットを行う。

一般的には上記の方法を実行すれば、パソコンの中のデータは消去されたと思われがちです。けれども、市販されているデータ復旧ソフトを使えば簡単にHDDに残っているテキストファイル、画像ファイルや動画ファイルも取り出せてしまうのです。

データ消去の業者を選ぶ際の注意点

パソコン内部のデータ消去は、リスク回避のためにもデータ消去専門の業者に 依頼するのが一般的です。但し、リサイクル業者などに依頼すると、フォーマットしただけでHDDを中古販売に回してしまうケースがあります。 その場合、完全にデータが消去されていないので個人情報が流出し悪用される事件が多発しています。 依頼するデータ消去業者がどのような方法で作業を行うのか事前に確認すべきでしょう。 また、「消去証明書」を発行してもらえるかどうかも依頼前に確認 しておいたほうがいいかもしれません。 「消去証明書」 を発行する消去業者は、責任をもってデータ消去にあたってくれるかどうかの目安に なります。

コメント投稿フォーム

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP