確実なデータ消去ならピーシーキッド

フリーダイヤル東京/0120-222-222大阪/0120-222-222

最新情報NEWS

pckids-erasure

HDDの物理破壊の1例をお見せします。

パソコンを廃棄するときに、中に入っているデータを削除し、フォーマットするまでは皆さん行うと思います。けれども、パソコンの中には、削除したはずのデータは残っています。 専門のPC廃棄業者に依頼したところ消去したHDDを廃棄 […]

[続きを読む]

パソコン内に残る個人情報

「特に大事な情報は入っていないから。」「パソコンが壊れているから情報を取り出せないはず。」そう思って気軽に廃棄してしまったパソコンは、廃棄先で解体され、データも取り出されてしまう危険性があります。貴方が思う以上にパソコン […]

[続きを読む]

おすすめはやはり物理破壊です。

B社による神奈川県庁の個人情報流出事件はご存知でしょうか。大規模なデータ流出事件として問題になりました。B社はHDDなどの記憶媒体の廃棄を請け負う会社ですが、データを消去したから転売しても大丈夫だろうとふんだたった一人の […]

[続きを読む]

業者に依頼したから大丈夫?

「大手の会社にHDDのデータ消去を依頼したから大丈夫!」本当に大丈夫でしょうか。大手だから、有名な会社だからとそんな基準でデータ消去をお願いする会社を選んでいませんか? HDDから大量の個人情報が流出し、メディアを騒がせ […]

[続きを読む]

物理破壊をおすすめする理由

記憶媒体の種類を変更ししたため、これまでのメディアが不要になった。 セキュリティ対策や共有の利便性から社内のファイルはクラウドで管理するようになり、 記録メディアの使用を禁止にした。 保存期間を過ぎた廃棄しなければならな […]

[続きを読む]

PCの初期化では不十分です。

PCのフォーマットだけでPCを処分してしまっても大丈夫でしょうか。 残念ながら、PCのフォーマットだけでは、データは完全に消えてはいません。 データを削除し、ゴミ箱を空にしても、データは残っています。

[続きを読む]

PAGE TOP